Monthly Archives: 11月 2015

胃のはたらきとビタミン

消化不良を防ぐ食べ方

なんだか最近は胃もたれがして、大好きだったお肉がたくさん食べられなくなった・・・、こういったことは無いですか?若い頃は体力があり、気力もあって、おいしいものを食べることが何よりの楽しみだった、という人でも、歳をとれば胃のはたらきが悪くなります。それは、胃酸の分泌がとても減ってしまうからです。こうして、胃酸が少ない状態を減酸症といい、胃酸がまったく無い状態を無酸症といいます。無酸症の割合は、20代の人で5パーセントほどだったのが、60代になると35パーセントにも及び、なんと7倍近くにも増加するといいます。

また、年齢を重ねて減少するのは胃酸だけではありません。タンパク質の分解酵素も減ってしまいます。肉類を食べ過ぎて消化不良を起こすのは、これが原因なのです。

そして、胃酸の分泌の低下は、タンパク質の消化力を低下させるだけでなく、ビタミンB群の吸収や、鉄分、カルシウムなどのミネラルの吸収率もかなり悪くなります。これらのビタミンや微量ミネラルが不足すると、新たに細胞ができる速度も衰えていってしまうので、なんとか胃酸をうまく分泌させる方法を考える必要があります。

例えば、梅干しを食べると血圧が上昇してしまうなどと悪くとられてしまうこともありますが、果肉の厚い柔らかな低塩の梅干しなら、食事の前にひとつ食べるだけで、胃酸の分泌はぐんと良くなります。梅干しには、鉄分が多く含まれていることから、鉄分の吸収も良くなります。胃酸の分泌が良くなったところで食事をすれば、消化吸収や食欲までアップする、というわけです。

おもしろいことに、ひとりきりで食事をすると胃酸の分泌が悪くなり、大勢で楽しく食べると胃酸の分泌が良くなって、おいしく食べられるといいます。

意外と知られていないことかもしれませんが、歳をとったら、水分の摂取量を控えめにしたほうが良いといわれます。これは、ただでさえ年齢を重ねると良い睡眠がとれなくなるのに、水分の摂り過ぎで夜中に何度もトイレにたつことになる、また、水分によって胃酸が薄まり、結果的に栄養の吸収が悪くなるためだということです。

夜は胃を休める時間

私たちには体内時計というものが備えられていて、生活リズムが刻まれています。これは、副腎ホルモンや自律神経のはたらきによるものです。通常、太陽が昇り昼間の明るくて活動する時間には自律神経のうちの交感神経が優位になっていて、太陽が沈み夜の休息する時間には副交感神経が優位になります。

胃液やそのほかの消化液は、活動が活発な時間に多く分泌されるので、夜の遅い時間になってからの食事は、良くありません。消化の時間は食べたものや量によっても違ってきますが、睡眠にも影響します。寝る前3時間くらいは食べものを口にしないことです。

胃潰瘍には緑色の野菜を摂る

野菜類には繊維が多いため消化が悪い食品とされ、胃潰瘍がある人は野菜を食べないよう指導されることもあるかと思いますが、繊維自体が胃に留まっている時間は長くはないので、それほど気にしなくてもよいかもしれません。野菜の中でも、ほうれん草や小松菜といった緑の濃い葉もの野菜や、にんじん、じゃがいも、キャベツなど消化が良い野菜が良いです。野菜に含まれるカリウムやビタミンには抗炎症作用があり、潰瘍の傷口を修復する良いはたらきをします。よく煮て柔らかくして食べたり、ジュースにして摂るのも良いです。

こりと痛みをとるビタミン

筋肉も老化する?

筋肉の老化というと、中年を過ぎてから始まると思われがちですが、実はなんと、私たちの体では20代の半ばくらいから、徐々にではありますが、すでに筋肉の老化が始まっているといいます。

信じられないという人もいるかもしれませんが、何かをしようとした時に体のバランスを崩し、おっとっと・・・と、転びそうになったことはありませんか?これは、筋繊維の数が減少したり萎縮(いしゅく)したりすることで、じゅうぶんに筋力を発揮できなくなるためです。体のバランスや、とっさの動作がとれなくなって転倒してしまう可能性もでてきます。

体の部位によっては筋肉の厚みが大きく減ってしまい、普段から運動する習慣がある人と無い人では体内年齢に差が出て、力の減少も目立つようになります。

血液の循環には、筋肉が重要です。心臓から流れ出ていく血液は全身に送られ、骨格筋のポンプ作用で心臓へ戻っていきます。この動きは毛細血管についてもいえることであり、筋繊維の間に網の目のように張り巡らされている毛細血管の収縮も、筋肉が収縮したときに起こるのです。つまり筋肉が衰えてしまうと血液の循環が悪くなり、また血液量が少なくなると酸素や栄養素が体の隅々まで送られなくなります。

筋肉痛を改善するビタミンとは

スポーツをする人が腰痛やぎっくり腰になったという話しを耳にすることもあると思いますが、これは中腰の姿勢から急に腰を伸ばしたときに、背骨を支えている筋の一部が切れたり、腰の筋肉がねんざするためです。こうした状態を防ぐには、普段から筋肉を柔軟に保っておくことが大切です。

筋肉が硬くなってしまう一番の原因は、血液が酸欠状態になることと乳酸がたまることです。そして、筋肉中の乳酸を速やかに処理するのが、ビタミンB1をはじめとしたビタミンB群です。乳酸の燃焼過程で水と二酸化炭素に完全に分解するためには、クエン酸を含んだ黒酢を毎日飲むと良いでしょう。

肉中心の食事や砂糖を多く含むもの、アルコールなどは乳酸がたまりやすくなるので、腰痛のときにはなるべく控えましょう。

肩こりや腰痛を防ぐために

筋肉の衰えた部分に流れる血液には疲労物質がたまりやすく、酸欠状態になります。この悪血(おけつ)がたまった筋肉はとても硬くこわばっていて、緊張しています。

ひどい肩こりや腰痛がある場合には、筋肉の中にたまった悪血(おけつ)の部分の血行を良くすることが大事です。人の手で、こわばった筋肉を徐々にもみほぐしていくとちょうど良く、血行が良くなって血液が流れ出し、痛みも和らぐでしょう。家族が居たらもんでもらうとよいです。

デスクワークなどで長時間イスに座ったまま仕事をしている人は、イスに深く腰掛けないことや背もたれに頼りすぎないことに注意しましょう。

血液サラサラとビタミン

血管の損傷を防いで、生活習慣病や突然死から自分のからだを守るには、まず、毎日の食生活を改善しなければなりません。それも、どんなストレスにも負けないような健康なからだをつくる食生活を送ることが求められます。現在の日本人の欧米化されてしまった食生活では、肉食が中心、脂肪と糖の摂り過ぎによってカロリーはじゅうぶんでありながら、野菜不足でビタミン・ミネラルの摂取量が足りていないという人が多いのです。

外食の多い人は特に、こういったアンバランスな栄養摂取をしがちになります。そのうえ、仕事や家庭の問題などストレスを抱えることは山のようです。ストレスがたまると、喫煙者ならたばこの量が自然と増えるでしょう。お酒を飲む量も増えたり、飲みたくなくてもお酒を飲まなければならない機会も多くあるでしょう。そして、睡眠をきちんととることが難しくなります。

私たちのからだは、ストレスが強くたくさんかかったり、たばこの吸い過ぎなどで、血液を凝固させやすいトロンボキサンA2という物質が大量に発生するため、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症を引き起こしやすくなります。

これらを防ぐには、背の青い魚を食べることです。アジ、イワシ、サバ、サンマといった背の青い魚には、血液をサラサラにするはたらきがあるEPA(エイコサペンタエン酸)がとても豊富に含まれています。そのほか、ビタミンCビタミンE、ナイアシンなどにも血液の凝固を防ぐはたらきがあります。

血管を守るという点からみると、からだにとって有害な過酸化脂質やLDLコレステロールを発生させないためには、ビタミンEやセレニウムが必要です。この2つを同時に摂取することによって、大きな力が発揮されるのです。そして、この2つの栄養素が豊富に含まれているのが雑穀です。雑穀は日本人が昔から食べてきたもので、精白していない玄米、麦、アワ、ヒエなどには、欧米食には不足しがちなビタミンB群も豊富に含まれています。

血管の細胞膜を保護するはたらきをもつビタミンCや銅も、積極的に摂取したい栄養素です。ビタミンCはストレスがあると速く消耗されてしまうので、多めに摂ることが大切です。葉もの野菜や果物なら柑橘類、いちご、キウイフルーツなどにもたくさん含まれています。