不快な症状がある女性は、まず、 マグネシウム カリウム を摂取してみましょう。ミネラル不足はどういった症状を招くのでしょうか?

マグネシウムは女性のための最強ミネラル

PMS(月経前症候群)で心も体も調子が悪い、いつも疲れが取れにくい、便秘が続いている、こういった女性を悩ますさまざまな症状を改善するのに役立つのが、 マグネシウム です。

マグネシウム にがり

マグネシウム にがり

マグネシウム は現代人に一番不足しがちなミネラルだといわれていて、さまざまな不調の原因のひとつだと考えられています。
体を動かすために必要な300を超える代謝酵素にかかわっていて、生活習慣病を予防して、健康で長生きするために欠かせないマグネシウムが、体調を整える鍵を握っているのです。

マグネシウム の大きな効果には次の3つがあります。

  1. PMS(月経前症候群)や慢性的な疲労を緩和する
  2. インスリンの感受性を正常に保つ、血圧を下げる
  3. 代謝を上げ、ダイエットに役立つ

こうした大切な栄養素であるマグネシウムですが、日本人には慢性的にマグネシウムが不足しています。その原因は、昔と比べ欧米化した食生活にあります。

マグネシウム の補給で不調を改善

特に女性にとってうれしい効き目のあるマグネシウムですが、マグネシウム不足による体の不調を生じないためには、やはりマグネシウムを多く含む食材を食べるようにすること。緑黄色野菜や海藻類、玄米などを意識して摂取したいところです。しかし、忙しい現代人は外食も多く、食事だけでじゅうぶんな量を摂取するのは難しいでしょう。

マグネシウムが多く含まれる食材

マグネシウムは、藻類、魚介類、穀類、野菜類、豆類などに多く含まれています。
かりに多く摂取してしまっても心配いりません。過剰分は尿中に排泄されるので通常の食事では過剰症になることはありません。

しかし、腎機能が低下している場合には高マグネシウム血症が生じやすくなり、血圧低下、吐き気、心電図異常などの症状が現れます。

また、ダイエットや便秘などに効果があるといって摂取されている にがり (主成分は塩化マグネシウム)やサプリメントなど、通常の食事以外でマグネシウムを過剰に摂取すると、下痢を起こすことがあります。

一般的な食品スーパーなど身近なところで購入できる食品で、調理しやすく、日常的に摂取しやすい食品は以下のとおりです。海産物が主です。

  • あおさ
  • あおのり
  • 刻み昆布
  • カットわかめ

サプリメントなら カルシウム と一緒に摂る

カルシウム 牛乳

カルシウム 牛乳

サプリメントを利用するなら、どのくらいの量を摂ればよいのかというと、1日の目安量としては100~200 mg です。これを、2~3回に分け、食後に摂ると吸収が良くなります。

市販されている マグネシウム のサプリメントは、ほとんどが カルシウム と一緒になっています。

例えば、 カルシウム は マグネシウム が無いと骨をつくることができないように、 カルシウム と マグネシウム は協同で体内で働くことがその理由です。

マグネシウムは、一度にたくさん摂ると、人によっては便が緩くなることがあるので注意しましょう。そして、腎臓や心臓の病気がある人、また医師の処方した薬をのんでいる人は、医師と相談のうえ摂るようにしましょう。

マグネシウム の補給に便利な にがり

マグネシウム の補給には、サプリメントのほか、 にがり が便利です。海水から自然塩をつくる時に、塩を抜いた後に残る液体が にがり ですが、主成分の マグネシウム のほか、ミネラルをなんと80種以上も含むといわれています。
市販されている にがり は、液体がほとんどなので、サプリメントに比べ体内に吸収されやすいという利点があります。

ただし、 にがり は海水が原料なので、 マグネシウム のサプリメントと同様、塩分制限が必要な人は、ナトリウムの量が少ない にがり が最適です。

天海のにがり 日本人に不足しているマグネシウムを補う赤穂化成のにがり水