骨を強化する ビタミンD についてです。骨は一生ものですから大切にしなければいけません。元気な骨を維持するための ビタミンD についてです。

子供の骨を丈夫にしたい

骨を強化する ビタミンD

骨を強化する ビタミンD

以前に比べて今では、カップラーメンを代表とするインスタント食品や、いろいろな添加物を含んだ加工食品が多数あります。
このような食生活の変化に比例して、子どもの骨折が増えているという統計も出ています。

カップラーメンを食べることで身体に元あった栄養素が奪われてしまうというリスクがあります。それの原因とされるのがカップラーメンに含まれるリンというミネラルです。

もともとリンには身体でカルシウムやマグネシウムと結合して、骨や歯を形成する働きがあります。しかしこれが過剰となったとき、カルシウムの吸収が阻害されるだけでなく、骨のカルシウムを血液中に溶け出させ、カルシウムとのバランスを保とうと機能してしまうのです。

育ち盛りのお子さんにカップらメーンを与えることは NG 以上の NGです。

栄養のバランスがかたよって、骨がもろくなってしまっているのです。運動中にころんだり、何かの拍子で人とぶつかったときのような、ちょっとしたことで骨折してしまうのです。

骨をつくるまず第一条件は、カルシウムです。そのためには、牛乳を飲むとか、小魚などを食べるとよいといわれています。

確かに、これらの中にはカルシウムが含まれています。しかし、ただたくさんのカルシウムをとっていれば、骨や歯がじょうぶになるわけではありません。
カルシウムは体には欠かせないものですが、吸収されなくてはどんなに摂取しても無意味です。。
カルシウムの働きを生かすために、 ビタミンD がその役目を果たすのです。

カルシウム摂取だけでなく日光浴も

ビタミンD は、食品から摂取するだけではなく、体内でも生成することができます。太陽の紫外線を浴びることにより、皮膚の内側の脂肪と作用してビタミンDが生成され、吸収されます。
ですから、戸外で適度に太陽の光に当たるようにしましょう。ただ、強い紫外線で長時間日焼けをすると、 ビタミンD がつくられなくなってしまうので、ほどよい日光浴がよいでしょう。