つわりを防ぐにはビタミンB6

ツライ「つわり」を最小限にしたい

人生において妊娠・出産は、結婚した夫婦にとってかけがえのないものです。妊娠というのは新しい生命の誕生であり、こんなに喜ばしいことはないでしょう。妊娠による女性の体の変化は、子供を育てるために、乳房が張ってきたり、乳輪、乳頭の色が黒ずんできたり、熱っぽくなったりなど、さまざまです。
妊娠中にあらわれるいくつかの体の変化に、つわりという症状があります。妊娠2~3 ヶ月ごろからおこるつわりは、個人差があり、軽度のものから入院を必要とする重度のものまであります。妊娠中の生理的現象ですが、原因ははっきりしていません。
アミノ酸の一種であるトリプトファンの代謝が、スムーズに行われなくなるためにおこるといわれています。
おもな症状は、吐き気や嘔吐、食欲不振、頭痛、倦怠感などです。しかし、すぐにこれらを解消する薬を飲んでしまうというのは、胎児に何らかの障害をきたしてしまう可能性があるので、頼らずに、つわりを緩和する効果があるビタミンB6を含んだ食品をとるようにするとよいでしょう。ビタミンB6は、タンパク質の中にあるアミノ酸を代謝させることで、つわりを緩和しますが、タンパク質や脂肪を代謝させ、体内に吸収させる作用もあります。ですから、母体の健康状態をよくして、胎児への栄養補給にも効果があります。

中枢神経を正常にして体の不快感をやわらげる

もう1つの効用として、中枢神経の働きを正常に保つことがあげられます。この作用が、吐き気や頭痛といった体の不快感をや軽減します。
妊娠中、とくにつわりがおこる時期には食べ物の好みが変わってきたり、食欲がなくなるときもありますが、胎児にとっては母体から栄養を吸収して成長していくという大切な時期なので、栄養バランスのよい食事を少しずつでもとるように心がけましょう。
しかも、栄養があるといっても手軽な加工食品ではなく、自然の素材からつくった料理をきちんと食べるようにしましょう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Trackbacks and Pingbacks: