ビタミンB6の働きと作用

たんぱく質の代謝には欠かせない

ビタミンB6はタンパク質の代謝に不可欠な働きを担っています。このB6こそ、タンパク質に含まれているアミノ酸をつくり、分解する作用の補酵素として使われているものです。
もともと日本食中心だった私たちの食生活では、タンパク質摂取はそれほど多くなく、心配することはありませんでしたが、昨今の食生活の欧米化で、ビタミン別の欠乏症が心配されています。
また、ビタミンB6は、脳機能の維持にも関係があるとされています。

免疫反応を正常に保つ働きをするビタミンB6

ビタミン別には、抗アレルギー作用も認められ、蕁麻疹、湿疹といったアレルギー症状は、B6の欠乏からくる症状の一つと考えられています。
アレルギー症状の原因は、体の免疫反応が強くおこりすぎることです。本来は体に害のない反応ですが、何らかの原因で強すぎる反応をおこすのが、アレルギー症状だと考えられています。ビタミン臥はその免授抗体として重要な役割をビタミン別には、抗アレルギー作用も認められ、湿疹といったアレルギー症状は、B6の欠乏からくる症状の一つと考えられています。
アレルギー症状の原因は、体の免疫反応が強くおこりすぎることです。本来は、体に害のない反応ですが、何らかの原因で強すぎる反応をおこすのが、アレルギー症状だと考えられています。ビタミンB6は、その免授抗体として重要な役割を果たします。B6がなぜ免疫を左右するのかはまだ詳細には解明されていないのですが、動物実験では、B6が不足すると、明らかに免疫の低下をもたらすことが報告されています。
ビタミンB6を多く含む食品としては、鮭、鶏肉、ヒラメ、いわし、大豆などがあります。

ビタミンB6 のサプリメント

ビタミンB6を多く含む食品

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください