ビタミンKの働きと作用

ビタミンKは不足することがほとんどない

ビタミンKについては、摂取量については、それほど気にすることはありません。成人で1日に必要な量はごくごく微量でそのほとんどは、腸管内のバクテリアがその必要量の大部分を生産してくれますし、足りなければ食物からも摂ることができます。
ビタミンKは、レバーやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれます。心配な人は日頃の食事に緑黄色野菜を多めに取り入れるといいでしょう。

また、少量ですが、多くの穀物や果実、あるいは、肉類、精製食品にも含まれます。
健康な人であれば、普通に食事ができれば、まず欠乏症を心配することはありません。

この脂溶性のビタミンは血液の凝固に必要なことが証明されています。血液を固まらせる成分は肝臓でつくられますが、このとき、ビタミンKの力が必要となります。健康な人の肝臓では、ビタミンKは、血液の凝固に必要なタンパク質を、6形成する役割を果たしています。

また、ビタミンKは、単に血液を固める働きだけでなく、通常の働きでは凝固をおさえる役目も担っています。

カルシウムの代謝も助ける

このほかにも、ビタミンKは、カルシウムの代謝に作用します。ビタミンDだけでなく、ビタミンKもまた関連しているのです。
そのため、ビタミンDと同じように、Kが不足すると骨がもろくなるということが報告されています。ふだんの食生活では不足する心配はありませんが、抗生物質を服用していると、Kの働きがさまたげられることがありますから、そのような人はビタミンKを含んだ食品をたっぶりとるようにします。

ビタミンKが多く含まれる食品は、にんじん、ほうれん草、ヨーグルト、植物油、鶏卵です。

  1. ビタミン剤 | 薬の選び方 - pingback on 2017/08/09 at 5:41 PM

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Trackbacks and Pingbacks: