ビタミンB12・葉酸の働きと作用

赤血球生成のために欠かせない

顔色が悪い、ときどき立ちくらみがする、といった症状は、たいていは貧血からきています。青白い顔色が特徴です。
貧血対策の第一は鉄分の補給ですが、あわせてビタミンB12や葉酸を十分とる必要があります。ビタミンB12や葉酸は「増血ビタミン」ともいわれ、赤血球の形成、再生に関係しており、また欠かせません。ビタミン12と葉酸は互いに補い合って働くため、どちらか一方が不足しても赤血球が減り、貧血がおこりやすくんります。

ビタミンB12が不足すると、中枢神経や末梢神経の障害にも

ビタミンB12は、主に肝臓に蓄えられています。そのため、ビタミンB12不足でおきる貧血は鉄分不足による貧血よりも悪性で、貧血の一般症状以外に、胃腸障害や頭痛、全身の倦怠感、舌の炎症などがあらわれます。風邪気味?と勘違いしてしまう場合もあります。
このほか、ビタミンB12は神経にも関与します。中枢神経や末梢神経の障害もビタミンB12不足でおこることがあります。ボケ防止のビタミンとしても最近は、注目を集めています。

葉酸は発育促進に欠かせない

ビタミンB群の中でも発見されるのが遅かった葉酸は、最初、ホウレン草の葉から抽出され、ラテン語で菓を意味する「フォリウム」から名づけられたものです。その名のとおり、葉酸は植物の緑葉にたくさん含まれています。
葉酸はB12と同様に、遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠のビタミンです。
葉酸がなければ、細胞分裂は、正常に行われません。
また葉酸は、食物中のタンパク質をアミノ酸に分解する際にも関係しています。このアミノ酸から、筋肉組織などの新しいタンパク質をつくり出しているのです。妊娠の場合のように、とくに急激な細胞分裂を必要とするときは、葉酸の必要量も多くなります。

ビタミンB12・葉酸を多く含む食品は、カキ、ニシン、チーズ、海老、大豆、牛レバー、部らレバーなどが代表的です。

ビタミン B12・葉酸のサプリメント

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください