ビタミンB2の働きと作用

脂肪代謝や成長促進に作用する

血管は加齢と共に、弾力がなくなって硬くなり、内壁に脂肪分などが沈着して、血液の流れに影響します。
どうしてもそういった場所には、酸素や栄養分が行き届かなくなり、さまざまな障害が生じることになります。
この状態が、よく耳にする「動脈硬化」というわけです。
動脈硬化を促進するのは、中性脂肪、コレステロール、過酸化脂質などの物質です。
ビタミンB2には、過酸化脂贋、の生成を抑制し、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるため、「脂肪のビタミン」ともいわれます。

肥満も防止するビタミンB2の作用

ビタミンB2を十分にとっていれば、脂肪は次々と代謝されるので、肥満解消に大きな効果があるというわけです。ただし、ビタミンB2さえとっていれば肥満が解消されるというわけではありません。脂質の多い食品はできるだけとらないようにすることは言うまでもありません。

発育や成長にも欠かせない

ビタミンB2は成長を促進させる働きがあります。ですから、逆に不足すれば、成長が止まってしまうことになります。ビタミンB2は、体内の物質から酸素や水素をつけたりとったりする(酸化還元反応) 酵素に深く関与し、体中のあらゆる栄養素の代謝に関係していて、発育・成長に必要なビタミンでもあるのです。

ビタミンB2がたくさん含まれるサプリメント

ビタミンB2を多く含む食品 | ビタミン Q & A

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Trackbacks and Pingbacks: