ビタミンAの働きと作用

ビタミンAには、大きく分類して、最初からビタミンAの形になっている「レチノ
ール」と、体内に入ってから代えられる「カロチン」の2種類があります。

視覚・視力に大きく作用する

  1. 薄明視を可能にする
  2. わずかな光で物が見られる能力を「薄明視」といいますが、ビタミンAとタンパク質の複合体の働きで、夜や明りのないうす暗いところでものを見る能力、つまり「明るさ」を感じ取ることができるよう働きます。

  3. 色を見る能力をアップさせる
  4. 人は色別してものを見ますが、ここにもビタミンAとタンパク質の複合体の働きがあります。

皮膚・粘膜を正常に保持する

ビタミンA のもう1つの大きな働きとして、皮膚や粘膜といった上皮組織を正常に保つことがあげられます。たとえば、皮膚をはじめ、外界につながる組織を形成しているのが上皮細胞ですが、ビタミンAは、それか、止常に発育し、機能するためには、欠かすことのできないビタミンです。
また、ビタミンAは体の成長や発育にも効果があり、とくに子どもの成長には欠かせないビタミンです。それに関係して、最近では、生殖機能の維持に果たす役割もあることが研究されています。

ガンの予防効果にも期待

ビタミンAの効果として特に注目されているのは、ガンの予防効果への期待です。とくに肺ガンを防ぐのに、カロチンやビタミンAが効果のあることもわかりはじめていますが、今のところ、ビタミンA によってなぜガンが予防できたり、治療効果があるのかは、はっきりしていません。最近の研究では、ビタミンAの粘膜を正常に保つ働きが、ガンに対して有効なのではないかとも言われています。

ビタミンAの含有量が多い食品は、鶏レバー、牛レバー、豚レバー、うなぎ、にんじん、ほうれん草など。

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAを多く含む食品 | ビタミン Q & A

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください