貧血改善にはビタミンB12

葉酸摂取も

貧血は、女性に多い病気です。貧血には、先天性のものや病気をしたためにおこるもの、再生不良性貧血といって、治療が困難なものもあります。
ここでは、もっとも多い鉄欠乏性貧血をとり上げます。女性は、思春期に初潮を迎えてから約40年間は毎月、月経をくり返します。月経によって血液が失われるので、女性はとくにふだんの生活の中でも貧血には気をつけなければなりません。

鉄欠乏性貧血は、鉄分とビタミンCを十分に

貧血とは、血液中の赤血球や、赤血球の赤い色素のもとになるヘモグロビンの量が減少した状態です。
このヘモグロビンが減少すると、体内の各器官に酸素が運ばれなくなり、酸欠状態になって、めまい、動悸、息切れ、頭痛などの症状がでます。
ヘモグロビンの主成分は、鉄分です。体内の鉄が不足することで貧血がおこります。鉄分はたいへん吸収されにくい栄養素なのですが、ビタミンCといっしょにとると、吸収されやすくなります。

女性に多い鉄欠乏性貧血についてはこちらも参考になります。

ビタミンB12と葉酸の結合で造血作用がアップ

鉄分不足でおこる貧血のほかに、悪性の貧血の治療にも必要なのが、ビタミンB12と葉酸です。
この2つのビタミンは、「造血ビタミン」とも呼ばれていて、赤血球をつくり、再生する働きを持っています。造血作用は、骨髄の中での細胞分裂によって行われていますが、葉酸が不足すると細胞分裂がうまく働かなくなってしまいます。そのようなときに、葉酸をもとの正常な状態に戻す役目が、ビタミンB12なのです。ビタミンB12はつねに葉酸の働きを助けていて、一度使われてしまった葉酸をもう一度、くり返し使えるように作用するのです。
つまり、造血するためには赤血球の生成を行う葉酸と、その葉酸を助けるビタミンB12の働きが同時進行しなければならないといえます。
ビタミンB12が欠乏しておこる悪性貧血は、からだ全体に倦怠感があらわれ、胃腸の調子が低下し、食欲もなくなるというもので、葉酸が欠乏したときも同じような症状がおこります。
日ごろから、これらを多く含む食品をとるようにすることが大切で、特に、妊娠している女性は積極的に摂取すべき栄養素です。
欧米では実際に、悪性の貧血の治療として、ビタミンB12と葉酸の投与が行われており、効果もあるということです。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>