風邪にはビタミンC

早く治したいときもかかりたくないときも

風邪をひいたときには、ビタミンCをとるとよい、ということはよく知られていて、風邪薬にも、ビタミンCが入っていることを売りにしているものが多くあります。
風邪は身近な病気であると同時に、とても怖い病気でもあります。風邪をひいてもそのうち治ると思って放っておいたために、別の病気まで引きおこしてしまったという併発経験のある人も多いと思います。風邪は、大きな病気のきっかけになることもあるので要注意です。

ウイルスの働きをおさえ体力を回復させる

風邪のおもな原因はウイルスです。ビタミンCは、体の中でウイルスのもととなる核酸の活性化をおさえ、ウィルスの働きを弱める効果があります。これは、約20年前に発見されて、今では確実な予防・治療法となって利用されています。また、ウイルスを弱めることだけでなく、そのあとの体力を回復させる働きもします。
細胞をウイルスから守ることで、抗体の免疫能力を高め、風邪以外の病気からも体を守ってくれます。
まず、風邪をひいたと思ったら、ビタミンCを多めにとるようにしましょう。みかんは風邪予防になる…というのは気休めではないのです。
では、どのように摂取したらよいかというと、ビタミンCを30分から1時間おきに約500mgずつ摂取すると、風邪の症状が消失するといったケースもみられます。症状がまだ軽いほうであれば、治るのは早いでしよう。
せきや鼻水がひどいようなときは、しばらく続けるとその症状が軽くなってきます。どのような栄養素も1日に必要な量があり、不足しても多くとりすぎても、悪影響をもたらすことがあります。
けれどもビタミンCは、体にとても必要な栄養素で、しかも水溶性ですから、多量にとってもあまり悪影響はありません。
薬は副作用の心配や、胃腸を荒らすことが多いので、しぜんの食品からとるのが理想的です。多くの果物や野菜などに含まれていますから、気軽にとれます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください