糖尿病にはビタミンB6

糖尿病は、成人病の中でも代表的な病気です。国内では、270万人もの糖尿病患者さんがいらっしゃいます。正しい知識を持って対処していかなければなりません。

すい臓からのインスリン不足

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、十分に分泌されなかったり、まったく分泌されなくなることでおこる病気です。
インスリンが分泌されなくなるはっきりした療因はわかっていません。遺伝的に糖尿病になりやすい家系であるといったことも考えられますが、肥滴や運動不足、ストレスなどが引き金になっていることもあります。
膵臓から分泌されるインスリンの働きは、体内にある糖質を燃焼させて、エネルギーをつくり出すときに作用します。インスリンが不足すると、ブドウ糖がエネルギーに代えられないので、血液中に滞ってします。
よく、血糖値が上がると糖尿病の疑いがあるといわれるのは、この状態のことをいっているのです。そして、症状が進行すると、血液だけでなく尿からも糖が排出されてしまいます。
糖尿病のおもな症状は、体がだるく、ひどく疲れやすくなったり、水を飲んでもすぐのどが渇いて水分が欲しくなり、そのためにトイレに行く回数が増えたりします。また、症状が進むと、食べても食べてもやせていくというような症状もあらわれます。

ビタミンB6がインスリンの促進を促す

糖尿病は、インスリンが分泌されないためにおこりますが、そのインスリンの分泌を活発化させるためには、ビタミンB6が必要となります。ビタミンB6には、アミノ酸を増やす酵素の働きがあります。
そして、インスリンはアミノ酸の助けを借りて膵臓で生成されます。ビタミンB6が不足すると、インスリンの生成を抑制する物質が発生してしまいます。ですから、インスリンの分泌には、ビタミンB6が必要不可欠となるのです。
今までは糖尿病の治療というと、食事療法やインスリンの投与がおもなものでしたが、最近ではビタミンB6の投与も行われています。
食べ物からの摂取だけでは足りないので、医師の指導のもとで錠剤などを服用することになります。そのほか、食事療法や適度な運動、インスリンの投与など、基本的な治療もあわせて行うことになります。ビタミンB6だけを摂取していればコントロールできるというわけではないの医療機関の受診は必須となります。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>