ビタミンB1をしっかり食事で摂りたい

植物性たんぱく質の「大豆」に豊富に含まれる

ビタミンB1は、ごはんやパンとなどの主食といっしょに摂取します。同じごはんを食べるなら、白米に比べてB1が2~3倍も含まれる胚芽米がおすすめです。
動物性では、ことに豚肉にB1が豊富に含まれています。体がだるく疲れを感じるときは、豚肉を使った献立がおすすめです。
また、ヌカみそ漬けも効果的です。ほかに、畑の肉といわれる大豆には、植物性のタンパク質ともに、ビタミンB1も多く含まれています。

ビタミンB1を多く含むのは

胚芽米は、玄米の外皮の一部をとり除いて胚芽を残したものです。玄米のように栄養価が高く、白米のように消化吸収がよいという両方のメリットを併せ持っています。また、胚芽米の栄養価はビタミンB1とビタミンEを多く含んでいて、白米に比べると、ビタミンB1は約2~3倍、ビタミンEは、約10 倍も含まれています。胚芽米をとぐときに胚芽がとれてしまうと、栄養価が大幅に減ってしまいますので、とれないようにやさしく洗うようにするのも栄養価を失わない大切なポイントです。

ビタミンB1を豊富に含む食品一覧

  • ひまわりの種乾
  • 脱脂大豆脱皮
  • アマノ干し海苔
  • アマノ焼き海苔
  • ごま乾
  • 落花生乾
  • 焼き豚
  • 利尻昆布

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください