ビタミンD を多く含む食品は、ほとんどが動物性の食品でそれも魚類が主です。カツオ、イワシ、ブリ、サンマ、サバなどにあたります。

魚類に特に豊富に含まれる

ビタミンD を多く含む小魚や魚の缶詰は、開けてすぐ食べられるのでビタミンDの損失も少なく、すべて摂取できるのでおすすめです。植物性でビタミンD が豊富なものは、シイタケです。生シイタケの場合は、紫外線に当たることでビタミンDに変わりますから、使う前に、天日に1~2 時間は当てるようにしましょう。
しいたけを干すと食物繊維も増える ため便秘解消にも役立ちます。

ビタミンD たっぷりのイワシ

ビタミンD たっぷりのイワシ

ビタミンD の摂取ならカルシウムを多く含むイワシがおすすめ

頭から丸ごと骨まで食べられるイワシは、昔からカルシウムの宝庫として知られていいます。

また、カルシウムを吸収・沈着させる ビタミンD も豊富に含まれているため、カルシウムの摂取や吸収力はとても高いものです。

イワシの中でも、丸干しイワシがとくにカルシウムを多く含んでいます。その含有量は、100 g 中に 1400 mg も含んでいます。イワシは、普通に焼いて食べてもいいですし、揚げたりつみれにしてもよいでしょう。頭からしっぽまで食べられるように調理すると、たくさんのカルシウムと ビタミンD が摂取できます。

ビタミンD を豊富に含む代表的な食品

  • カツオ
  • マグロ
  • 塩サバ
  • ぶり
  • サンマ
  • スズキ

ビタミンDが多く含まれる食品