ビタミンD 大腸ガン 乳がん を防ぐ ビタミンD は、がんの発生 再発 転移の予防に大きな効果があります。 多くのがん患者が不足よりも重い、「ビタミンD欠乏症」であると報告されています。

サンシャインビタミン ビタミンD 大腸ガン 乳がん を防ぐ

ビタミンD 大腸ガン 乳がん を防ぐ しいたけ

ビタミンD 大腸ガン 乳がん を防ぐ しいたけ

主成分
エルゴカルシフェロール ( D2 )、コレカルシフェロール (D3)
効能
骨を強くする、カルシウムの吸収を高める、ガン予防、抗菌効果
副作用
過剰摂取で吐き気、嘔吐、食欲不振
注意
チアジド系利尿薬と併用すると高カルシウム血症に

世界中で ビタミンD 旋風が起きています。古くから

  • 骨を強くする
  • カルシウムの吸収を高める

ことで知られている ビタミン であり、別段、目新しいものではないのに「なぜ? 」と思ってしまいます。

ビタミンD にがんを予防したり、抗菌効果があることが判明しました。

まず、 ビタミンD が発見されたいきさつです。脚や背骨が曲がり、直立すると脚が0字型に開く病気があります。くる病です。17世紀のイギリスの子どもたちに蔓延したので、イギリス病とも揶揄されました。1824年ころ、ドイツの研究者が、肝油にくる病予防と治療の効果があることを発見したのですが、この治療法は広まりませんでした。

理由の1つは、当時の医師たちが、食物には健康に欠かせない微量栄養素が含まれていることを知らなかったことにありました。

やがて、食べ物で実験的に くる病 を発生させたラットに、日光浴させても、肝油を食べさせても、病気が治癒することが発見されました。それから 100 年近くも経過した 1922 年、皮膚と肝油に含まれる重要な因子がついに捕らえられました。この因子は ビタミンD と名づけられました。

以来、 ビタミンD は、骨を強くする栄養素とばかり思われてきましが、最近になって、 ビタミンD には、がんや感染症を防ぐという効果もあることが新たに判明し、大ニュースとなりました。

ビタミンD の新しく発見された効果が最大になるのは、一般的な人々の血液中に含まれる量よりはるかに高いレベルのときであることも判明しました。疫学研究からは、 ビタミンD がやや不足するだけでがんなどの病気にかかりやすくなることが確認されました。

つまり、 ビタミンD は大多数の人々に不足気味ということです。

乳がん 半数を予防できる

ビタミンD を適度に摂っている人は、

  • 大腸がん
  • 乳がん
  • 膵臓がん
  • 皮膚がん
  • 前立腺がん

にかかりにくいことが経験的に知られています。その真偽を科学的に確かめるために、いくつもの治験が行われてきました。

その1つは、カリフォルニア大学サンディエゴ校( UCSD ) 医学部のセドリック・ガーランド教授らのグループが主導する治験でした。

2007 年、同グループは、 ビタミンD の摂取により、乳がんの半数を予防できる可能性があることを「ステロイドの生化学と分子生物学」誌に発表しました。

まず、1760 人の女性を ビタミンD の血中濃度によって、血液 1 ml中 13  ナノグラム( 13 ng/ ml と表記、1 ナノグラムは 10 億分の 1  g ) 以下のいちばん低いグループからいちばん高いグループ( およそ 52 ng/ ml  ) まで、 5 グループに分けました。そして、グループごとの乳がん雁患率をくらべたところ、いちばん低いグループがいちばん高かったばかりか、 ビタミンD の血中濃度が上がるにつれ、乳がんの雁患率は低下しました。

すなわち、ビタミンD に用量-反応の関係が確認されたのです。 ビタミンD の血中濃度と乳がんの雁患率との間に因果関係があること、すなわち、両者は原因と結果の関係にあることが裏付けられました。

また、同大学のエドワード・ゴーハム教授らのグループは、ビタミンD の摂取によって、大腸がんの 3 分の 2 までが予防できるという可能性を、2007 年の「米国予防医学」誌に発表しました。この調査でも乳がんのケースと同じように、1448人をビタミンD の血中濃度別に 5 グループに分け、大腸がんの雁患率を25年間にわたって追跡しました。

結果は、血液 1 ml 中34 ナノグラムの人は、いちばん低いグループにくらべて雁患率が半分になり、血中濃度 46 ナノグラムの人は雁患率が 3 分の 1 に減少していました。

ビタミンD の血中濃度が上がるにつれ、大腸がんの雁患率は低下していったことから、ここでも用量-反応の関係が確認されました。

活性型D が遺伝子をオンに

実は、 ビタミンD といっても 1 種類の物質を指すのではありません。エルゴカルシフェロール(D2 ) とコレカルシフェロール( D3) の総称です。植物に含まれるエルゴステ