Tag Archives: ビタミンE

ビタミンEをしっかり食事で摂りたい

植物油に多く含まれる

ビタミンEを多く含み、その効力が高いのは植物油です。その中でも、ヒマワリ油、綿実油、サフラワー油、トウモロコシ油などです。ビタミンEは、抗酸化ビタミンとしてビタミンCなどと並ぶビタミンです。
魚類では、アンコウの肝やタラコ、スジコ、生ウニ、ウナギやホタルイカなどのほかに、青魚にビタミンEが多く含まれています。緑黄色野菜では、西洋カボチャやダイコン葉、ホウレン草、カラシ莱、ニラ、ブロッコリーなどがおすすめです。。そのほかにも、アーモンドやナッツ類、マーガリンなどにも豊富に含まれています。

ビタミンEを豊富に含む食品一覧

  • 煎茶
  • 綿実油
  • アーモンド
  • 小麦胚芽
  • 抹茶
  • サンフラワー油
  • ひまわり種
  • トウモロコシ油
  • 菜種油

現代人は油を動物性のもので摂りすぎている!

脂質の摂取量は、昭和の時代基準値を大幅超えて達しており、脂質は十分足りているという認識で長期間経過しました。しかし詳細に内容を見ると、脂質摂取量の中には27.4グラム(53パーセント) が動物性脂質であることがわかり、これが高コレステロール症や動脈硬化などの成人病の原因となっている重大な問題点としてクローズアップされています。
当然、成育期には動物性脂質も十分な量が必要ですが、成長期以降は植物性油類を多く摂取することが成人病予防になり長寿につながります。とくに不飽和脂肪酸(リノール酸など)を多く含んだ植物油類を欠かさないことが大切です。脂質のうちの60パーセント程度は、植物性油脂を食べるようにします。
油を味方にするを読むとダイエット中でも植物性の油が必須であることがわかります。
最近は、特に質の高いオリーブ油に注目が集まっています。

植物性食用油の取り扱いの注意点

植物油が体にいいからといって酸化した油を食べていたのでは逆効果です。不飽和脂肪酸の含有量の多いサフラワー油、米油、小麦胚芽油などは、体によい油ですが、空気にふれたり、加熱したり、光にあたると過酸化しやすく、変化しやすい性質がありますから、むしろ扱い方(保存の方法、調理法など)には注意すべきです。

  • 封を切ったら早く使い切ってしまうこと。
  • 貯蔵中は空気にふれないように密栓しておくこと。
  • 光に当てないこと(日光、電灯)。
  • 加熱した油の残りは、使わないこと(都度捨てる)

若さを維持したい、取り戻したい

若さを保つためのビタミン

どんな人でも、いつまでも若く生き生きしていたいと思うのは共通の願いでもあります。若さを維持するために必要なのが、ビタミンEです。生きていくためには、摂取した栄養素を酸素で燃焼させて、エネルギーを生成しなくてはなりません。
しかし、酸素を過剰に摂取すると、過酸化物という毒性を持った物質が体内にできてしまいます。
その中でも過酸化脂質は、ほかの過酸化物よりも毒性が強いとされています。過酸化脂質は細胞膜を破壊して、細胞の働きを衰えさせてしまいます。そのために、必要な酸素や多くの栄養素の働きが抑制されてしまい、老化現象を引きおこしてしまうのです。
これを防ぐためには、過酸化脂質の発生をおさえなければなりません。過酸化脂質は、コレステロールを少なくする不飽和脂肪酸が酸化することで発生しますが、ビタミンEは、過酸化脂質を発生しにくくする作用があります。

肌の老化を防止

老化現象が一番症状としてあらわれやすいのは、肌の状態です。肌がザラザラしてきたり、ツヤがなくなってきたり、シミやシワができたりと、女性には大きなストレスとなります。
肌がツヤツヤしている人とカサカサしている人では、同じ年齢でも肌がカサカサしている人のほうが、年をとっているように見えてしまいます。そのようにならないためにも、ビタミンEを摂取して、体の細胞を活発にし、若く保つようにしましょう。

白髪予防にも

ビタミンEは、肌に潤いを与え、若く保つだけではなく、気になる白髪の予防にもなります。30歳後半にさしかかると気急に白髪が目立つようになります。
細胞を活性化することで、黒髪のもとになるメラニン色素の生産が増えるのです。白髪は、メラニン色素がなくなることが原因です。
そのメラニン色素は、髪の毛の毛根の中でつくり出されます。
そして、1本の髪よりももっと細い毛細血管が毛根に入りこんでいて、髪に栄養を与えます。もし、その栄養が送られなくなると、毛根の中の細胞が活動しなくなってしまうので、メラニン色素がつくられなくなってしまいます。これが白髪の原因です。これも血液の循環をよくし、細胞を活発化させることで予防できます。