不眠には、 ビタミンB群を積極的に

眠りの悩みに

ストレス社会ともいわれる現代では、なかなか眠れないという症状を持つ人が増えてきています。
不眠症は、なかなか眠れない、夜中に何度も目を覚ましてしまうなど、十分に睡眠がとれない状態をいいます。これが慢性的になると、完全な病気といえます。
不眠症はおもに神経質な人がなりやすく、気になってしようがないことがあるとか、最後まで完璧にやらないと気がすまないなどといった完璧主義傾向の人に、強くあらわれます。不眠症は心の病気の症状でもありますから、まず自分の精神状態を知っておくことが必要です。

神経を和らげるビタミンB群

少しでも神経をやわらげたり、精神をリラックスさせる栄養素をとって、安眠できるようにする方法もあります。その栄養素が、ビタミンB群です。睡眠は、脳の睡眠中枢が神経とホルモンを微妙に働かせることによっておこりますが、栄養のアンバランスが原因で、その働きが狂ってしまうことがあります。
そのために、ビタミンB群をとって睡眠中枢をうまく働かせることが必要になるのです。ビタミンB1は、神経機能を正常に働かせる効果を持っています。B1が不足すると、神経異常による精神不安定がおきます。ビタミンB6は、補酵素として脳の代謝を助けます。
その作用が脳機能を正常に保ちます。ビタミン12は、中枢神経や末梢神経の働きを活性化して、つねに機能がスムーズに働くようにします。このようにビタミンB群は、神経が正常に働くように保ってくれます。
また、これらをいっしょにとるとパワーがアップするので、かたよらないように摂取すれば、より効果的です。
不眠症は神経をやわらげることでその症状がおさまるので、ビタミンB群の持つ作用は見のがせません。これらの栄養素を積極的にとって、神経を正常に働かせるとともに、悩みごとや気にかかつていることをとり除くようにすると、効果が上がります。

ビタミンB群の摂取は十分

ビタミンB群の摂取は十分に行えているが、どうしても不眠に悩まされてしまうという人は、クラシック音楽を就寝前に聞くと緊張がほぐれ、副交感神経優位の「眠りモード」に入ることができます。
快眠のためのリラックスできるクラシック音楽CD(一覧)などから興味のありそうなCDなどを選ぶといいでしょう。モーツァルトのベストなどは科学的にも入眠効果が高いことが証明されています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください