食事から摂るのが基本

まずはビタミンの性質を知る

ビタミンは、さまざまな食品の中に含まれています。しかも、1つの食品の中に、何種類ものビタミンが含まれているのです。どんな食品に、どのようなビタミンが含まれているかは、さまざまです。健康維持、あるいは健康増進を目的にビタミンをとるのであれば、ふだんから体内のビタミン濃度が高くなるようにとればよいでしょう。
ただし、そのときのビタミンが、脂溶性か水溶性かによって、とり方に違いがあるので、注意しなければなりません。
まず、ビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKは脂溶性です。脂溶性のビタミンは多量にとると体内に蓄えられ、利用されなかったぶんは再利用されます。しかし、だからといって無計画に大量にとると、過剰症の心配が出てきます。これは、食品からとる場合でも、ビタミン剤を使う場合でも、同じです。もう一方のビタミンB 群ビタミンCなどの水溶性のビタミンは、大量にとっても、余分な量は尿中に排せつ泄され、体内には残りません。
そのため、一度に大量にとることは逆にむだになります。l日3~4回に分けて、適量を摂取するようにします。

目的が大事

ふだんから上手にビタミンをとることも大切ですが、一方でどのビタミンを何のためにとるのかを考えることも、大切なことです。むやみに大量に摂っても吸収されなければ摂取しても意味がないことになります。
たとえば、健康を保ちたい、活力をつけたい、病気を治したいなど、人によってビタミンをとる目的や考え方はさまざまです。
また、スポーツをしたり、徹夜作業をする、精神的に落ちこんでいる、といったようなときには、その前にとるか、あるいはあとでとるかによって、効力が違ってきます。1つの目安としては、スポーツなどのように激しい肉体運動がともなうときには、前とあとにビタミンB群やビタミンC を、大量のお酒を飲む前や飲んだあとにも、あるいは疲れたときにも、タミンC が効果的です。

出来る限り食品から摂りたい

1つの食品に何種類ものビタミンが含まれている場合があります。「ビタミンは食品でとるのが基本」といわれるわけもここにあります。
食品からビタミンをとれば、一度にいろんな種類のビタミンがとれるばかりか、それによる相乗効果も期待できます。たとえば、ビタミンA、C 、E はそれぞれが酸化を抑制する抗酸化の働きを持っていて、この3つが合わされば、単独でとるよりも高い効果が期待できます。
また、ビタミンCとEを同時sに摂取すれば、高血圧や動脈硬化の予防効果がアップします。さらに、ビタミンB群は総合的にとることでエネルギー代謝が増し、EとB2では抗酸化作用が4倍になるなど、それぞれの相乗効果を期待した摂取方法がよいでしょう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>