夏のだるさなどの夏ばてにはビタミンB群

暑い夏の症状に

夏に食欲が減退して、過剰な水分摂取による胃腸症状が「夏パテ」です。とにかく食べられないために、やせてしまい、貧血になったり、めまいをおこしやすくなったり、体にまったく活気がない状態になります。
集中力もさがり倦怠感が生じます。
こうした夏パテを予防、克服するためには、どんな栄養素をとればよいのでしょうか?ビタミンは種類も効用もいろいろあり、どれも体にとって必要なものですが、その中でも夏パテを防ぐには、ビタミンB群をとることが、体力回復につながります。ビタミンB群は体の中の新陳代謝をよくし、活動するために必要なエネルギーをつくり出すという、重要な働きをします。

ビタミンB1は、食欲をアップさせる

ビタミンB1は、糖質を代謝してエネルギーを生み出すので、体力増進に効果があります。また、神経機能を正常にする働きもありますから、食欲をつけるためにもB1が必要になります。

B2は、消化を改善

ビタミンB2は、成長に欠かせないビタミンです。食物の消化をよくし、糖質を完全に燃焼させます。ビタミンB1と炭水化物などのエネルギー源をいっしょにとると、より効果的です。

B6とB12は精神を安定させる

そのほか、ビタミンB6、やビタミン12は、それぞれ脳機能や神経系の働きを正常に保つ作用を持っています。ですから、精神を安定させて、食欲を増進させます。このようにビタミンB群は、エネルギー代謝と神経の働きを正常に保つので、活動するための大切な源をつくつてくれます。またこれらは、まとめて摂取すると、より効果的です。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください